赤ちゃんのおむつかぶれ│原因と対処法

新生児の代表的なトラブルである「おむつかぶれ」。ほとんどの赤ちゃんが一度は経験するものです。赤ちゃんの綺麗で繊細なお肌を守る為に、対処法や予防法など是非とも参考にしてみて下さい。

おむつかぶれとは

○症状

おむつかぶれの症状は、おむつと直接お肌の触れる部分が…

・炎症を起こして赤くなる
・ポツポツと小さな湿疹ができる
・皮膚がただれ血がにじむ

などで、痒みや痛みを伴うことがほとんどです。

○兆候(サイン)

・肛門まわりがすこしおしりが赤くなってきた
・お風呂の時やおむつ替えの時におしりを拭くと泣く
・おむつ替えの時に赤ちゃんがおしりに手をやる

これらが見られた場合はおむつかぶれになりかけているサインです。

赤ちゃんの体を毎日よく観察し、早い段階で気づいて対処することで悪化を防いであげましょう。

おむつかぶれの原因

○うんち

うんちはアルカリ性です。うんちを放置すると皮膚に刺激を与えて、炎症をおこしやすくなります。

○おしっこ

うんちに対して害がなさそうですが、肌の刺激となるアンモニア老廃物を含んでおり、放置は禁物です。

○汗などによる蒸れ

蒸れた状態で放置すると、皮膚がふやけて、うんちやおしっこの影響がでやすくなり、かぶれやすくなります。

○おしりを拭くときのこすれ

おむつ変えのとき「きちんと拭いておかないと」とついついゴシゴシ拭いてしまいがちです。肛門まわりが赤くなっている場合はお尻ふきによるこすれが原因の可能性があります。

○おむつとの相性

おむつの素材・種類が赤ちゃんのお肌と、相性が悪い場合があります。

おむつかぶれの対処法

○かぶれないおむつ替え

おむつかぶれの対処法は第一に頻繁におむつ替えることです。うんちやおしっこがでたまま長時間おむつを放置すると、肌に強い負担をかける上に、蒸れる為、かぶれてしまいます。できるだけこまめに交換するようにしましょう。

おしりを拭く際には、水分をしっかり含んだシートで優しく拭きましょう。汚れをとろうと躍起になってゴシゴシしてしまうとデリケートな赤ちゃんのお尻はすぐ摩耗してしまいます。

かぶれが進行している場合は、おしりを拭かずに洗ってあげるのも効果的です。ぬるま湯でシャワーや座浴でお尻を優しく流してあげましょう。

○乾燥させる

お風呂あがりやおむつ替えの時によくおしりをよく乾かした上で、新しいおむつをはかせるようにしましょう。部屋の室温に注意した上で、少しの間おむつ無しのままでいせたり、うちわなどで風をあてたりして、湿気がこもらないようにしましょう。

夏場や梅雨時期など蒸れによるかぶれが原因のようであればベビーパウダーも効果的です。ベビーパウダーには余分な水分を蒸発させ、乾燥させる役割があります。但し、塗りすぎると、汗腺を塞いでしまい、悪化の原因なりますのでご注意ください。

○おむつ自体を変えてみる

普段使っているおむつの種類を変えてみるのも対処法の1つです。どのおむつが赤ちゃんの肌にぴったりかは試してみないことにはわかりません。「おむつの種類を変えてみたらかぶれなくなった」という場合もあります。

○保護剤を塗る

お風呂後などお尻を清潔にした後は、ベビー用のオイルやクリームを塗ってあげるのも効果があります。保湿剤自体に、かぶれた肌を治癒させる効果はありませんが、油分のバリアでお尻を守ってあげることができます。

○お風呂での洗い方

ゴシゴシ洗うのは避け、泡立てた石鹸やボディソープで優しく洗ってあげましょう。石鹸類がしみて痛そうにしている場合はしばらくお湯だけで洗いましょう。

ムレやすい時期の予防

おむつの中ムレやすくなる以下の状況は、いつもに増して注意が必要です。

・梅雨時期や夏場
・下痢が続く時
・外出や夜などで長時間おむつを替えてない時

これらの時期にはいつもより短めの間隔でおむつチェック・交換をし、よく乾燥させましょう。

赤くなってきた場合は、お尻拭きの際、できるだけ刺激の少なくなるよう、シャワーなどで優しく洗ってあげましょう。

清潔にした後は保護剤によりこまめなケアに心掛けましょう。