もしかして、うちの子は発達障害かも│その特徴や相談場所

発達障害ってなに?

発達障害とは、

生まれつき学習、言語、行動などいずれかにおける脳の不全を抱えた状態のことです。

幼児(早くて1歳ごろ)のうちから症状が現れます。先天的であることがほとんどで、発達障害を引き起こす原因やメカニズムは、はっきりわかっていません。

人とのコミュニケーションが苦手であったり、仕事や家事が苦手だったりと症状は様々で、複数の症状をあわせもっている子も少なくありません。苦手なことが多い反面、得意なことは人並み以上にできる場合があります。

発達障害には、主に以下の3タイプがあります。

ASD(自閉症スペクトラム障害)・・・「社会的コミュニケーションが苦手」「限定された興味」
ADHD(注意欠如/多動性障害)・・・「不注意」「落ち着きがない」
LD(学習障害) ・・・「読み、書き、話し、聞き、推理、算数などが困難」

発達障害傾向の子供の特徴

ASD(自閉症スペクトラム障害)

  • 目が合わない、視線をそらす。
  • 言葉や表情から、相手の気持ちをくみ取れない(言葉を文字通り理解する)
  • 相手を不快にさせることを悪気なく言ってしまう。
  • 年齢にあわない大人びた言葉遣いをする
  • 棒読みのような抑揚のない話し方をする。
  • 他人と遊ぶより、一人で遊ぼうとする。
  • 勝負ごとで、一番になれないと激しく怒る
  • 数字、記号、地図など抽象的なものに早くから興味を持つ。
  • 没頭しすぎて周囲が見えなくなり、話しかけても反応しない。
  • 自分のルールは守らないと気がすまないが、他人の決めたルールは守れない。
  • 食べ物の好き嫌いが極端。
  • 自分が思っていた予定どおり物事がすすまないと激しく怒る。
  • 触られるのに敏感で、体が締め付けられる状態を嫌う。
  • すごく小さな音に反応したり、すごく大きな音に無反応だったりする。
  • 自分が叱られていると気づかない。怒っても伝わらない。
  • 特定の物事に対しては高い記憶力がある。

ADHD(注意欠陥多動性障害)

  • よく物を落としたり、倒したりする。
  • 片付けが苦手。整理整頓ができない。
  • 忘れ物が多い。よく物をなくす。
  • 注意されたことをすぐ忘れて繰り返す。
  • 返事はするが話をきいていない。
  • 順序だった行動をするのが苦手。
  • 宿題などの課題をこつこつこなすのが苦手。
  • 授業中に席に座っていられない。立ち歩く。
  • 体どこかを常にもじもじ動かしている。
  • 気になったものがあるとすぐに走っていく。
  • 絶えず走りまわったりよじ登ったりして目が離せない状態が続く。
  • 列にならんだり、習い事など指示に従って行動するのは苦手。
  • いろんなことに目移りしてひとつのことを長く続けない。
  • 動きが激しい、騒がしい。
  • 知らないひとでも近づいてちょっかいをだす。
  • 突発的な行動や発言が多い。
  • 重要な場面で高い集中力を発揮したりする。

はっきり診断することはできない

発達障害は血液検査などの動かないデータをもとに診断できず、明確な線引きが難しいものです。

ひとつの基準としては、小さいころから症状が連続してあり、幼稚園などの社会における人間関係のなかで、困ることが多々ある場合は発達障害と認められます。反対に、もし上記の特徴に複数個該当したとしても生活する上で支障をきたしていない場合は、発達障害であると診断されない場合が多く、それはその子の個性となります。

昨今ではウェブによる医学情報の普及により、すこし症状があるだけで発達障害を疑うご両親が増えてきていますが、発達障害がなくとも上記の特徴を持つ子はたくさんいます。

また、「障害」という言葉により強くネガティブな印象を抱きやすいですが、一昔前であれば「すこし変わった子」程度で他の子供と何変わらぬものとして扱われてきました。大人になるにつれ、多動性など症状の一部が目立たなくなる場合も多く、時には発達障害の子が持つ人並み外れた記憶力や集中力により社会で大活躍するかもしれません。もし発達障害である可能性が高そうであっても、どうか気を落としすぎないで下さい。

相談する場所

まずは、一人で悩まず相談しましょう。

発達障害情報・支援センター(各地域に有)

役所や地域の子育て支援センター

保健所の定期検診のときに相談

発達障害専門の医院・クリニック

治療法はどんなものがある?

発達障害の治療は、はじめに環境調整ペアレントトレーニングがとられます。その後で本人や家族が必要と感じた際に投薬治療という流れが一般的です。

環境調整やペアレントトトレーニングでは、親や学校の先生がその子にあった環境づくりとサポートを行います。具体的には教室の席を一番前にしたり、その子専用の先生を一人つける、守ってほしいルールを決めたチェック表を一緒に読む、保護者が子供の望ましくない行動を減らす為の接し方を学びます。

投薬治療では、注意集中力を上げたり、衝動性を抑えたりする薬が処方されます。

保護者の方は自分を責めないで

親御さんは「私の子育てのやり方が間違っていたのでは」と心配になることも多いかと思います。しかし、発達障害は、先天的な脳の問題であって、育て方や親のせいではありません。何も悪くないので自分を責めないであげてください。

まずはひとりで抱えこまずに身の回りの人や支援センターに相談してみて下さい。近年ADHDの児童は全体の5~10%程度といわれており、これは10人に1人の計算になります。

同じ境遇のお母さんと話す機会をもったりすると、安心したり、元気づけられたりするかもしません。自分だけで解決しようとせず、ご自身の負担が減るように、身近な協力者を増やしたり、地域にでてみて下さい、きっといろんな方が手を貸してくれるでしょう。