OC(低容量ピル)は生理前のイライラに効く?│副作用はないのか?

低容量ピルとはどんな薬?

皆さんは低容量ピルについてご存知でしょうか?ピルといえば避妊のためのお薬として認知している人が多いかと思います。実は、避妊以外にも生理のことで悩んでいる方にとって強い味方となるお薬なのです。そんなピルについて詳しく見ていきましょう。

○低容量ピル(OC :Oral Contraceptives)とは
  • 日本語にすると経口避妊薬(けいこうひにんやく)。
  • 主に避妊を目的とした女性ホルモン剤のこと。
  • 副作用を少なくするため、ホルモンの量を最低限減らしている。
○効用
  • 避妊
  • 不規則な生理周期を安定化
  • 生理前の不快感、生理痛の緩和
  • ニキビの改善
  • 卵巣がん、子宮体がんの発症率の低下
    など
○価格

1シート:2500〜3000円程+診察料
(診察料:初診時1000円程)

○保険の適用

病気によって一部保険適用の場合と、全額自費の場合があります。割合は半々程度のようです。

○処方方法

産婦人科、レディースクリニックに行き、問診、診察→処方という流れになります。

~低容量ピルは、避妊の他にもこんな目的で使えます~

生理前の不快感に効果あり

ピルを飲むと排卵が起きないため、ホルモンバランスが一定状態を保ったままになり、生理前のイライラが起きにくくなります。他にも漢方などで対処できますが、ピルは効果的です。
月経のときの経血量や痛みを軽減する効果もあります。

月経タイミングをコントロールできる

生理不順で悩んでいる方、計画的に妊娠したい方、または、大切な旅行や試験があるので月経のタイミングをずらしたい方にとってもピルは有効です。

月経を早めた場合でも遅らせた場合でも、低用量ピル(OC)の服用を中止すると、だいたい2~3日で生理が再開します。これを月経移動といい、日々の生活にリズムが生まれ、予定を立てやすくなります。

副作用はあるのか?

体がピルに慣れるまで、以下のような症状がでる場合があります。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • だるさ
  • 乳房の張り
  • 下部腹痛

これらは一時的なもので、1カ月〜2ヶ月処方を続けていくと体が慣れてきておさまるとされています。

その他の副作用として、血栓症が挙げられます。

血栓症は、血管内で血液が固まり、血流がとまってしまう、恐ろしい病気です。
安心して頂きたいのですが、ピルの副作用で血栓症になる確率は極めて低いです。

しかしながら、その可能性は0ではない為、よく医師から説明をうけた上で処方するようにしてください。

ピルが処方できない人

以下に該当するひとはピルを処方できないので注意してください。

  • タバコを吸う人(タバコを辞めれば可)
  • 偏頭痛もちの人
  • もともと血栓を起こしやすい人

ピルにまつわるウソ

以下に挙げるものは、噂話で一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、いずれも医学的根拠がないものです。

(1) 太る
ピルを服用することで太ることはありません。
(2)将来妊娠しにくくなる
ピルをやめると排卵が再開して妊娠可能な状態に戻ります。むしろ、不妊症の原因となる子宮内膜症を予防します。ピルは望むときに妊娠するための方法でもあります。
(3)乳がんになる
ピルを服用することで将来がんになりやすくなることはありません。